故人の相続をする際の法定相続人

故人の相続をする際の法定相続人

故人の相続をする際の法定相続人 法定相続人とは、民法で定められた相続人のことを言います。したがって誰でも遺産をもらえるわけではなく、故人との関係に応じた遺産を受け取る順位が定められており、先にいる場合は後順位の方はなれない仕組みになっています。また、配偶者は遺産を必ず受け取る方になるために遺産相続順位は関係ありません。
法定相続人として順位が関係あるのは、子供、直系尊属である父母、兄弟姉妹の順番となっています。
その他、法定相続分という遺産の割合も法律によって決められています。お金が絡む以上、親族との話し合いが難航する可能性があるので、割合通りに分配することでトラブルから回避されるメリットがあります。
法定相続人である配偶者は2分の1、子供に2分の1の均等、配偶者がすでに亡くなっている場合は第1順位である子供が全財産を相続して人数によって分配します。
財産分配で揉めないように生前からしっかりと話し合っておくこと、法定相続人の仕組みについて理解しておくことが重要です。

遺言による相続でトラブルを事前に回避したい方へ

遺言による相続でトラブルを事前に回避したい方へ 先立つ方が最も気にすることが、死後に残された遺族が遺産を元に遺恨に発展してしまうということです。自分で築き上げた財産が元でトラブルが起きることはどうしても避けたいので、その方法として遺言を採るケースが多くあります。
方法は大きく分けて、公正証書と、自筆、秘密証書によるものがあります。どれを選択するかは自由に選べますがより手堅く行おうとする人は公証人立会のもとで遺言を行うことが通例です。
これは、元裁判官や検事などの公証人と呼ばれる方の前で作成しますので、後々の相続のトラブルの恐れは一切ありません。自筆で作成するケースも多いですが、例えば筆跡であったり、後から別のものが出てくるなど確実な方法とは言い難いところがあります。
法定相続分によらず、遺言を採用される場合は、生前に特に身の回りの世話をしてくれたなどの特別な事情があることがほとんどなので、出来る限り生前にその旨の理解を得ておくことが望ましいです。

「相続人」
に関連するツイート
Twitter

所有者が地震前に亡くなったため相続権利人のいないビル。市は、裁判所が選んだ管理人が建物を処分できる仕組みを活用し建物を公費解体する。 東日本大震災時も、所有者死亡のため権利相続人(親族等)との連絡に苦労したという話を聞いた。 公費解体決まってよかった。


Warning: Undefined array key 1 in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

返信先:あー、確かに 嫁が増えるとその分相続人が増えるってことで、手続きも書類も増えるもんなあ しかも銀行に限った話じゃないし……


Warning: Undefined array key 2 in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

【具体例】 ・所有権移転(失踪者A→相続人B→第三者C ・BC善意 失踪宣告取消しがあると 効果 ①B→Cの取引は、32-1後段により、そのまま ②A→Bの相続は、32-1前段により、取消し  Bに現存利益(売買代金等)の返還義務あり ※①と②の併存がピンと来ない初学者は多いと思う


Warning: Undefined array key 3 in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

返信先:ちなみに士業は広域交付制度でとれないので今まで通りのため、相続人の方に広域交付制度で取ってもらうほうが手続きが早いです。


Warning: Undefined array key 4 in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/ss626929/roosterteethvideos.com/public_html/inc/twitter.php on line 23

相続人がいなくて、土地を国に帰したら、国有の土地が余りそうですね。 海外に売りまくりそうで怖い、、、